スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アパートから出火、焼け跡から遺体 千葉・富里(産経新聞)

 30日午前6時10分ごろ、千葉県富里市七栄のアパート「藤コーポ」2階201号室から出火、室内の台所などが焼け、焼け跡から1人の遺体が見つかった。

 県警成田署によると、この部屋には40~50歳くらいの男性が1人で暮らしており、所在が分からないという。同署で遺体の身元確認を急ぐとともに、出火原因を調べている。

 同署によると、アパートは木造2階建て。1、2階にそれぞれ2部屋ずつあり、他の住民にけがはなかった。近所の女性が物の焼けるにおいに気付いて110番した。

【関連記事】
「火が出ちゃった」母に知らせた後に…民家火災で5歳女児死亡
駐車中の車から出火、幼児2人やけど 小田原
東京スカイツリー煙に包まれる 墨田区で住宅火災
消防署隣のそば店、鎮火したハズがまた出火ナゼ?
旧吉田茂邸の焼失…町民ショック「日本の財産の損失」

<足利事件>92年12月8日の地検聴取テープ(4)止(毎日新聞)
橋下知事、帰国第一声は「大阪“市”を解体」(産経新聞)
小沢氏聴取へ 地検、矛盾突く構え 4億円原資 激しい応酬予想(産経新聞)
<沖縄ひき逃げ>米兵を追起訴 読谷村・男性死亡(毎日新聞)
<津市長選>24日告示 新人・岡野氏と現職・松田氏立候補(毎日新聞)
スポンサーサイト

空自次期輸送機の初飛行試験=機体不具合で大幅遅れ-川重(時事通信)

 川崎重工業は26日、航空自衛隊の次期輸送機試作1号機(XC2)の初飛行を空自岐阜基地(岐阜県各務原市)で行った。XC2はC1輸送機の後継として2001年度に開発が始まったが、強度不足などが判明し、07年9月の予定だった初飛行が大幅に延期されていた。
 防衛省によると、今後、同社や同省が飛行試験を重ね、量産化に向けた予算要求をする。
 XC2は全長、全幅各約44メートル、高さ約14メートルで最大積載量はC1の約4倍の約30トン。航続距離は12トン搭載時で6500キロ(C1は2.6トン搭載で1700キロ)など輸送力が大幅に向上する。 

【関連ニュース】
〔特集〕F35ライトニング戦闘機~次期主力戦闘機の有力候補~
自衛官、大麻所持で逮捕=「自分で使用するため」
日本の援助隊、ハイチ入り=首都西方で診療開始へ
援助隊医療チームが現地へ=ハイチ地震、日赤社長も
ダクト補強板の溶接部に疲労亀裂=F15の部品落下で空幕

小沢氏聴取、今週末が有力 妻にも打診(産経新聞)
石川議員側の準抗告棄却=10日間の拘置延長で-東京地裁(時事通信)
立川市 ごみ再資源化へ新装置導入(産経新聞)
全精社協会長、起訴内容認める=補助金不正受給で初公判-大阪地裁(時事通信)
【月と太陽の物語】明石海峡大橋 だるま×だるま(産経新聞)

<ノリ養殖>色落ち深刻、養殖網の一部撤去始まる/栄養塩不足が原因か(毎日新聞)

 全国一のノリ産地である佐賀県の有明海で、重度の色落ちが起きたとして、一部の漁業者が今季の養殖を断念し、養殖網の撤去を始めた。色落ちは昨年末から続く栄養塩不足が原因。例年より1カ月半も早い終了に、漁業者からは生活不安に加え、ノリ養殖自体の危機を訴える声も出ている。

【関連記事】ノリ養殖危機 漁船100隻がデモ 「水質浄化を急げ」

 有明海の栄養塩不足が起きたのは、昨年12月下旬。栄養塩を食べる植物プランクトンが増えたことが原因で、有明海西南部では養殖網の張り込みが再三延期された。栄養塩量はその後も回復せず、色落ち被害は拡大しているという。

 網の撤去を始めたのは、同県南部の太良町大浦地区。21日に撤去した大鋸(おおが)武浩さん(39)の網には、色落ちして黄色くなったノリが付いていた。ノリは例年なら1枚10円以上の単価が付くが、色落ちしたものは2円程度。「採算に合わず、今季はあきらめざるを得ない」と大鋸さん。「冬場にプランクトンが増えるのはおかしい」と表情を曇らせた。

 佐賀県内のノリ漁業者は今月7日、国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防から出る排水が栄養塩不足の原因として、排水の制限などを求める大規模な海上デモを実施している。【姜弘修、写真も】

【関連ニュース】
なぜ、ノリ漁業者たちは海上デモを?
冷凍網ノリ:第1回入札 出品数、3分の2程度 栄養塩不足、養殖遅れ影響
【関連写真】空から見ると美しい有明海に広がる色とりどりのノリ網
佐賀はウマカばい 自然の恵みあふれ(その1)

「平城京セレブのデザート」、古代の乳製品「蘇」が人気 (産経新聞)
「民主に期待」55%に下落…読売・早大調査(読売新聞)
【風】禁煙タクシー客離れは杞憂(産経新聞)
次の一手は? 小沢氏の車に囲碁やロッキード本(産経新聞)
東京芸術劇場の外部チケットサイト「ガンブラー」感染(産経新聞)

「30歳未満はネットも恋愛も禁止」?? 愛知県条例案に質問や抗議(J-CASTニュース)

 30歳未満には酒も女もネットも禁止にする条例案を愛知県が出した、という情報が流れ、一時ネットが騒然となった。県が2010年1月20日に発表した青少年の健全育成に関する文書が騒動の発端で、県に質問や抗議が多数寄せられた。担当部署は「誤解を生んでいる可能性があり、該当文書の補足説明を追加したい」、としている。

 ネットで話題になったのは「あいち子ども・若者育成計画2010(仮称)(案)」。青少年の健全育成を行うための案で、ここでの子ども・若者の範囲は、「0歳からおおむね30歳未満」、社会的自立が困難な30代も含まれる、という。

■「マジか? 正気か? 愛知から人が居なくなるぞ」

 「あいち子ども・若者育成計画」で最も批判を浴びたのが、未成年と20代30代を同列で扱っているのではないか、という点。「子ども・若者を取り巻く社会環境の健全化」の欄には、

  「子どもや若者の判断力を向上させる教育や、保護者の理解を深める啓発が必要だ」

という提言がある。理由は、残酷な暴力シーンや露骨な性描写のある雑誌やゲームソフトが氾濫しているほか、出会い系などネットに有害情報が流れているため、携帯電話等のフィルタリングを強化することが必要、などと書かれている。

 また、青少年の健全育成を進めるためとして、

  「知事を本部長とし、県の各部局、教育委員会、警察本部により組織している愛知県青少年育成推進本部を中心に、全庁的な取組体制の下、連絡調整を密にして、計画を推進していきます」

などという表記がある。

 こうしたことが「30歳未満には酒も女もネットも禁止にする条例案を出した」などと騒がれる発端になった。掲示板「2ちゃんねる」には複数のスレッドが立ち、

  「マジか?これ 正気か? 愛知から人が居なくなるぞ」
  「30までネット禁止なのかよwwww 」
  「欲求を抑えつけて生きることになるのか。間違いなく犯罪増加するわ」
  「愛知ざまああああああああwwwwww」

といった書き込みが出た。

■「補足説明する文章を掲載したい」

 今回の計画を策定し、県民から意見を募集している愛知県県民生活部社会活動推進課には「いったいどういうことなんだ?」といった問い合わせや抗議が殺到しているのだという。同課によれば、今回の計画案は県民に意見を求めるための叩き台にすぎず、規制を掛けようという狙いなど全くない、と説明した。

  「あくまで青少年を守り、健全に育成するためにはどうすればいいか、というアイディアの募集で、県民みんなで自立を支援していきましょうという呼び掛けなのです」

と、ネットでの騒動に首を傾げる。子ども・若者の範囲を「0歳からおおむね30歳未満」とは書いたのも、単なる定義で、計画案にも「年齢を段階的に別け育成の方法を変えていく」などと記しているように、当然、一律ではなく、年齢によって成長してもらうためのアドバイスは異なってくる、という。むろん子供の酒、たばこは禁止だが、大人は違い、年齢の区分け方が誤解を生んだというわけだ。そして、

  「県民から意見を頂くための前提が違った形で伝わっていることを反省し、計画案の説明を補足する文章を掲載する措置を取りたいと思います」

と話している。


■関連記事
宮沢りえのヘアヌード写真集 17歳で撮影なら児童ポルノ? : 2009/06/29
児童ポルノ、リンクだけで摘発 警察の好きにできる懸念も : 2009/07/09
女子高生とのセックス 「愛」あれば不倫でも「無罪」 : 2007/05/24
鈴木史朗アナ71歳の「神業」 「バイオハザード」攻略テク : 2010/01/20

ビル転売で8億円脱税、暴力団組長ら逮捕(読売新聞)
日航墜落犠牲者の親族「会社生まれ変わって…」(読売新聞)
高速道路にコンクリート片落下 関西空港自動車道(産経新聞)
高級ホテルもペットOK 「家族化」進み客層拡大(産経新聞)
<足利事件再審公判>聴取テープを再生 菅家さん否認の別件(毎日新聞)

高速道路にコンクリート片落下 関西空港自動車道(産経新聞)

 24日午前2時半ごろ、大阪府泉佐野市りんくう往来北の南海空港線りんくうタウン駅下の関西空港自動車道りんくうJCT(ジャンクション)の路側帯にコンクリート片十数個が落ちているのを、パトロール中の西日本高速道路の職員が見つけ、府警高速隊に通報した。けが人や車両の破損はなかった。

 高速隊などによると、コンクリート片は最大で長さが約40センチ、重量は約10キロ。現場のほぼ真上にある駅の側壁の一部とみられ、南海電鉄が原因を調査している。この事故で安全確認のため南海空港線では始発を含む上下2本が運休し、約40人に影響した。

「大声うるさい」81歳妻が89歳夫を刺殺未遂(読売新聞)
小沢氏疑惑 閣僚反応 前原「事情聴取応諾は大変結構」(産経新聞)
社民党大会、福島氏の4選承認 普天間「覚悟持って取り組む」(産経新聞)
替え玉殺人事件で尹被告、検察を批判 結審、28日に判決(産経新聞)
陸山会土地資金、不記載を秘書が引き継ぎ(読売新聞)

少女を脅迫容疑、龍谷大生逮捕…放火でも追及(読売新聞)

 携帯電話のゲームサイトで知り合った中学3年の少女(15)に対し、「お前の家族と友達を殺す」などと書いた手紙を送り脅したとして、大阪府警捜査1課は21日、大阪市城東区今福東3、龍谷大3年・亀山祐輔容疑者(22)を脅迫容疑で逮捕した。

 昨年末、少女が住む木造2階建てアパートで放火とみられる火災が2回発生し、けが人はなかったが全焼しており、府警は、亀山容疑者の関与について追及する。

 発表によると、亀山容疑者は昨年9月7日、少女が住む大阪府阪南市のアパート駐輪場で、少女の自転車の前カゴに「復讐してやる」などと書いた手紙を置くなどして脅迫した疑い。

 亀山容疑者は2007年8月に少女と知り合い、数回会った後、昨年5月頃に「久しぶりに会いたい」と手紙を送ったが、少女の母親から断られており、「会えないので、脅迫文を置いた」と容疑を認めている。

 火災は、昨年12月25日と28日のいずれも未明に発生。25日は、廊下などを焼いただけだったが、28日は200平方メートルを全焼。府警はいずれも放火とみており、付近で亀山容疑者が普段から使っている家族の車が目撃されたという。

「ミス」一転、虚偽認める 石川容疑者 「小沢氏の指示ではない」(産経新聞)
「愛の泉」募金に153万円(産経新聞)
意地の特捜部、対決姿勢の小沢氏(産経新聞)
不合格なのに入学費用通知、あて名誤り送付(読売新聞)
山梨・上野原市長に贈賄申し込み=会社代表ら2人逮捕-現金百万円返す・警視庁(時事通信)

新名物「出雲おろち大根」初収穫 魚、肉料理の薬味にぴったり(産経新聞)

 島根県の名物「出雲そば」や魚、肉料理の薬味にぴったりの「出雲おろち大根」が新開発され、出雲地方で栽培が広まっている。宍道湖岸や斐伊川土手などに自生する小型のハマダイコンを品種改良した極辛大根で、初収穫した出雲市佐田町の森山太史さん(43)は「全国に通じる新しい薬味野菜になる」と期待している。

 同大根の生みの親は、島根大生物資源学部の小林伸雄准教授(41)。

 7年前、地元住民が島根半島浜辺でハマダイコンの種を採って育て、出雲そばの薬味としているのを知り、すぐ同大農場で試験栽培に乗り出し、辛みの強い大根を選抜しながら品種改良を重ねた。

 水分が少なく、すり下ろしてもさらさらの本来の特徴を損なわず、6年かけて長さ約20センチ、直径約7センチまで大きくすることに成功。県内生産限定を条件に2年前から種を生産者に分け、今では10人余りが本格的に栽培している。

 脱サラして特産品販売を手掛ける森山さんは昨年9月、約4アールの畑に種をまき、草取り、害虫退治に苦労しながら大切に育てた。年明けからは、ヒゲ根を横に張った「出雲おろち大根」を収穫。地元産の食材にこだわっているそば店や日本料理店で、1本200円前後で販売している。

 森山さんは「普通の大根と違って食材やつゆが薄くならないので、素材の風味をより引き立てます。作ってみて自信がもてました。全国に流通させるには量も必要なので、生産仲間を募りたい」と話している。

【関連記事】
出雲大社本殿の大屋根に伝統工芸技法で雨漏り防止対策 
出雲-下関、7万無賃乗車 詐欺容疑で男を逮捕
王朝絵巻再現 京都・八坂神社で「かるた始め」
正しい「初詣で」 どこへ、何日までに行けばいい?
新年を前に、井戸を清める「御饌井祭」 出雲大社

室内物色、気づかれ殺害か…59歳男再逮捕(読売新聞)
<石川議員逮捕>弁護人、取り調べ全過程の可視化申し入れ(毎日新聞)
<可視化法案>政府として「提出検討せず」 松野官房副長官(毎日新聞)
「お騒がせ、率直に遺憾の意」党大会で首相(読売新聞)
湯かけ祭り 八ッ場ダムの地元は一面湯気 川原湯温泉(毎日新聞)

戸建てなど10棟焼く、1人軽傷=ストーカー殺人の被害宅も-東京(時事通信)

 17日午前6時15分ごろ、東京都港区西新橋の住宅から火が出ているとの119番があった。東京消防庁によると、木造モルタル一戸建て住宅と隣接する飲食店が全焼するなど、全10棟の計約530平方メートルを焼いた。
 近所に住む女性(33)が煙が目に入るなどの軽傷。
 警視庁愛宕署によると、全焼した住宅では昨年8月、耳かき店勤務の女性(21)と祖母(78)が、客で女性に付きまとっていた男(41)に刺され死亡した事件があり、直後から空き家になっていたという。
 同署は、燃え方の激しい住宅と飲食店のどちらかが火元とみて特定を進めるとともに、出火原因を調べている。
 現場はJR新橋駅から西へ約600メートルのビルや商店が立ち並ぶ一角。 

【関連ニュース】
住宅全焼、3人死亡=会社員と男児か
住宅全焼、3人死亡=1人は幼稚園の孫娘か
車全焼、運転席に遺体=北九州
火災相次ぎ、2人死亡=筑西市で2件

ドコモ携帯で通信障害=東京、神奈川、埼玉で(時事通信)
帝京大ラグビー部が市長を表敬(産経新聞)
野口宇宙飛行士 北海道の子供たちと交信 質問に答える(毎日新聞)
小沢幹事長「辞任すべきだ」70%…読売調査(読売新聞)
<政府税調>専門家委座長に神野直彦・関西学院大教授で調整(毎日新聞)

<土地購入事件>閣僚からの批判なく 一部で検察への疑念も(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件に関し、19日の閣議後会見で閣僚の反応が相次いだ。ただ、公然と批判するような発言はなく、小沢氏が任意の事情聴取に応じるべきかについても「ご本人の判断」との回答が多かった。

 前原誠司国土交通相は「国民はどの(世論)調査でも『(小沢氏の)説明責任が十分果たされていない』という方が大半だと思うし、私も、そう思う国民の思いはよく理解できるので、事情聴取に応じられる方向になったのは非常にいいことだ」と指摘した。

 中井洽国家公安委員長は事件に関し「(東京地検)特捜(部)も説明責任があると思っている。なんの事件なんだろう。よくわからない」と述べた上で、検察と対決する小沢氏の姿勢について「人生哲学、長年の経験に基づいた思い、『いま一番大事な時に』という悔しさ、いろんなことがまざってるんだろう」と語った。

 直嶋正行経済産業相は「現職議員が逮捕された事態は深刻に受け止めないといけない。ただ、検察のやり方に検察OBからも批判があったりして、私のように外から見ているだけの立場ではコメントは非常に難しい」と話すにとどめた。

【関連ニュース】
中央防災会議:被災地生活支援の特別立法を検討
閣僚:担務を変更 財務相交代などに伴い
サッカー:政府、北朝鮮チームの入国許可へ
米兵ひき逃げ:国家公安委員長に怒りの声伝える…読谷村長
国家公安委員長:新宿・歌舞伎町の夜を視察 警官を激励

バケットと柱に挟まれ男性死亡 所沢(産経新聞)
6時間監禁し、テレビなど奪った男2人を逮捕 栃木・小山署(産経新聞)
無期求刑の男に懲役20年=裁判員、結審日判決「もう少し時間を」-札幌地裁(時事通信)
小沢氏書生から議員に=疑惑報道に疲労も-石川議員(時事通信)
障害者向け小規模多機能の生活介護を全国展開へ(医療介護CBニュース)

<迷惑メール>熊本・山鹿副市長らに大量送付 兄弟を逮捕(毎日新聞)

 熊本県山鹿市の副市長らに大量の電子メールを送りつけたなどとして、県警山鹿署は19日、山鹿市石、無職、豊嶋武久(60)と、弟の横浜市保土ケ谷区和田、会社員、豊嶋武二(58)の両容疑者を県迷惑行為等防止条例違反容疑で逮捕した。07年ごろから計約20万5000件のメールを市に送り、メールサーバーが不具合を起こしたこともあったという。

 2人の容疑は、昨年8月中旬~10月中旬の間、送信を拒否しているのに山鹿市の池田永実副市長と旧山鹿市の河村修元市長に対し、市役所に数十件のメールを送ったり、自宅に頻繁に電話をかけたりしたとしている。武二容疑者は以前、山鹿市に住んでいた。2人とも容疑を認めているという。

 山鹿署や市によると、両容疑者は県道や市道の用地買収に絡み、所有権移転登記などで市に不正があったと訴え、07年9月ごろから大量のメールを市の担当課などに送りつけ「バカたれ、泥棒、詐欺師」などと中傷していたという。メールも電話もほぼ毎日で、電話は午前7時~午後10時、多い時は1日7回に上った。市は「(用地買収の)手続きは正当なものだった。2人の行為が激しさを増したため山鹿署に相談した」としている。【遠山和宏】

【関連ニュース】
消費者庁:新手の詐欺的商法で対策チーム 22日に初会合
偽証罪:元歯科医が起訴内容を否認 羽賀研二被告の事件
診療報酬不正受給:山本被告が保釈に
TBS:不適切取材 車に無断で発信機も
出会い系:サクラで詐欺 サイト業者ら11人逮捕

<将棋>王将戦15日開幕 羽生に久保が2度目の挑戦(毎日新聞)
外国人介護士、受け入れ拡充を=技術者の定住促進も提言-法相懇談会(時事通信)
輸入ワクチン、初の特例承認=欧州2社の新型インフル用-厚労省(時事通信)
内閣法制局長官に梶田氏(時事通信)
国民一人一人がエコを=温暖化へのチャレンジ訴え-鳩山首相(時事通信)

内閣支持率、横ばい47%=不支持は増加-時事世論調査(時事通信)

 時事通信社が8~11日に実施した1月の世論調査によると、鳩山内閣の支持率は前月比0.3ポイント増の47.1%とほぼ横ばいだった。一方、不支持率は同2.1ポイント増の32.4%と、3カ月連続で上昇した。不支持が増えたのは、鳩山由紀夫首相の偽装献金事件や、藤井裕久前財務相が通常国会を前に突然辞任した問題などが影響したとみられる。
 調査は、全国の成人男女2000人を対象に個別面接方式で行った。有効回収率は67.1%。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

妨害阻止、国際世論を喚起=農水相が異例のIWC出席へ-捕鯨問題(時事通信)
<小沢幹事長>地方行脚を開始 自民支持層取り込みへ(毎日新聞)
雑記帳 「夫婦円満」秘訣は?…亭主関白協会の会長が伝授(毎日新聞)
<傷害>「メッセンジャー」黒田容疑者 示談が成立、釈放へ(毎日新聞)
傷害容疑で少女3人逮捕=女子中生に集団暴行-付き合い悪いと立腹・警視庁(時事通信)

トキ、石川にも愛の巣…佐渡から引っ越し(読売新聞)

 佐渡トキ保護センター(新潟県佐渡市)から、いしかわ動物園(石川県能美市)に移送された2組のつがいのトキ4羽が9日朝、同園のトキ専用ケージに放たれ、繁殖に向けた飼育が順調にスタートした。

 鳥インフルエンザなどの感染症対策として環境省が進める分散飼育の一環。佐渡で5羽のヒナを育てた経験がある8歳雄と6歳雌の既存ペアと、同園で新規ペアとなる5歳雄と2歳雌が移送された。

 4羽は8日、輸送用木箱に入れられて佐渡からフェリーと車を乗り継ぎ、約9時間かけて運ばれた。夜間の放鳥は難しいため、8日は箱に入れたままにし、9日午前7時半頃、ペアごとに分けられた飼育スペースに移された。健康チェックでは、4羽とも正常だった。

 新しい環境に驚いて飛び立ち、障害物に当たってけがをしないよう4羽の翼の一部には数日間テープが巻かれ、高く飛べないようにしている。それでも、4羽は池でエサのドジョウを食べ、高さ約40センチの止まり木に移るなど元気な様子を見せているという。17日からはビデオカメラによるトキのライブ映像公開が始まる。

 4羽は来月下旬にも繁殖期を迎える。繁殖が順調に進めば、3月下旬から4月上旬に卵が産まれ、5月上旬頃ヒナが誕生する。ケージ内では、卵が落ちて割れるのを防ぐため、巣台の下に落ち葉を敷き詰めた「卵キャッチャー」を設置するなど、2世誕生に向けた準備が整えられた。

 飼育担当技師の野田英樹さんは、「まずは飼育員をトキに認識してもらうことが大事。現在は予想以上に落ち着いており、繁殖期までには慣れてほしい」と話した。美馬秀夫園長は「近縁種などで培った飼育繁殖技術を生かしたい」と意気込みを語った。

<三井生命保険>顧客情報入りパソコン11台紛失(毎日新聞)
日航株、7円で大量取引=連日のストップ安(時事通信)
押尾事件の舞台も? “事故物件”を紹介する不動産サイト (産経新聞)
<業務上横領容疑>名古屋保育園連元事務員を逮捕 愛知県警(毎日新聞)
東京マラソン、親子でどうぞ 2キロコース500組募集 (産経新聞)

交通網調査費盛りLRT減額 堺市議会が予算承認(産経新聞)

 堺市議会は13日、臨時議会を開き、竹山修身市長が再提出したLRT(次世代型路面電車)計画関連予算9億2千万円の減額を盛り込んだ平成21年度補正予算案について再度審議し、総合交通網調査費300万円を盛り込む修正案を賛成多数で可決承認した。

 承認された修正案は民主など5会派が提出。LRT関連予算減額を含み、これまで竹山市長の予算減額に反対してきた議会主要会派が一転、減額を認めたことになる。

 竹山市長が提出した補正予算案原案については、再度審議の上、反対多数で否決された。

 自民や公明などの主要会派がLRT予算減額を認めたのは、6日に竹山市長が市内交通体系を総合的に検討する庁内委員会設置を発表し、LRTの是非も含めて検討する意向を表明したことを評価した形だ。

 修正案が可決されたことについて、竹山市長は「(補正予算原案と)同じ趣旨であり、ありがたい」と話している。

【関連記事】
チンチン電車阪堺線存続を 市民らPR 関連グッズ、写真展、チン電パンも…
LRTもめる堺市、路面電車・阪堺線存続で検討委
松江市もLRT電車 開業は24年度以降 
堺市議会 LRT関連補正、修正案とも否決
堺市長“公約”LRT中止、議会4会派は認めず整備費予算提出へ

こんな美容師は嫌だ!
ときおのブログ
My Road
美容師を極める!
カジュアルパーク

官房長官、伊江島・下地島視察は「経済振興の観点から」(産経新聞)

 平野博文官房長は10日、沖縄県内の米軍基地や離島を上空から視察し、3日間にわたる沖縄訪問を終えた。平野氏は視察後、那覇市内で記者会見し、「県民の負担軽減と安全確保(の必要性)を強く認識した。今後の議論に反映したい」と述べ、米軍普天間飛行場(同県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題の5月までの決着に向けた協議に視察結果を生かす考えを示した。

 この日の上空視察の対象には、民主党の小沢一郎幹事長が普天間飛行場の移設候補地として名前を挙げた伊江島(伊江村)と下地島(宮古島市)も含まれた。両島では、平野氏の今回の視察に反発の声が上がっており、地元議会では移設反対の意見書が採択される見通しだ。

 平野氏は会見で、両島の視察の目的について「島がわかれ、経済振興の観点からみたときにマーケットが分散されている。その実情を把握した」と述べ、あえて普天間問題との関連を否定した。両島が移設先になる可能性についても、「現在、こう思うというのを発言するのは適切でない」と言及を避けた。

【関連記事】
普天間「決断、知事にお願いするかも」 平野官房長官
児童より反対運動優先か 基地隣接の小学校
揺らぐ沖縄 容認でも反対でも普天間に「壁」
鳩山首相、5月以前の決着に言及「急ピッチで作業」
鳩山首相は誰に似ているか? オバマにも盧武鉉にも失礼だ

アフィリエイト業界人が出会った~
かずまさのブログ
カードでお金
債務整理・自己破産
アフィリエイト ホームページ
プロフィール

すなだよしみさん

Author:すなだよしみさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。