スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロイター通信が普天間問題で産経世論調査を引用(産経新聞)

 【ワシントン=佐々木類】ロイター通信は24日、沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題に関し、産経新聞が23日付の紙面で伝えたFNN(フジニュースネットワーク)との合同世論調査の結果を引用して報じた。

 ロイター通信はこの中で、鳩山由紀夫首相が打ち出した「5月までの移設先合意」ができなかった場合、鳩山首相は退陣すべきと答えた人がほぼ半数に上ったと紹介。73%以上が移設問題をめぐる首相の対応を評価せず、85%近くが首相の指導力を評価しないと答えたと報じた。

【関連記事】
あるか政権浮揚策、カギ握る仕分け、普天間移設
いかに県外に出すか…混迷続く普天間移設 関係者は疑心暗鬼
「日本は日米合意を尊重するだろう」 普天間問題で米司令官
普天間問題 首相「県外あきらめていない」
首相の普天間有事使用発言「理解に苦しむ」 自民・石破氏

永ちゃん訴えたものまねタレントが敗訴 「ものまねは芸で評価」(産経新聞)
普賢岳被災のカメラか、撮影ポイントで発見(読売新聞)
石炭じん肺訴訟、国に賠償命令=消滅時効認めず-札幌地裁(時事通信)
重文の大日如来坐像盗まれる=無人の寺、鉄扉こじ開け-大阪(時事通信)
スタチン系6成分などの添付文書改訂を指示―厚労省(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

強盗容疑で28歳男逮捕=290万円奪い6年逃走-警視庁(時事通信)

 2003年に男性をホテルに連れ込んで暴行し、奪ったキャッシュカードで現金約290万円を引き出したとして、警視庁池袋署が強盗容疑などで、住所不定、無職分部麻世容疑者(28)を逮捕していたことが24日、同署などへの取材で分かった。
 同署によると、事件への関与をほのめかしているという。
 同署などによると、分部容疑者は04年3月に指名手配されており、顔の特徴などを記憶して捜す「見当たり捜査員」が18日午前10時10分ごろ、台東区上野の路上で発見した。
 逮捕容疑は03年11月23日午後7時50分ごろ、男女4人と共謀し、22歳だった都内の無職男性を豊島区池袋のホテル一室に連れ込み、殴るけるなどの暴行をし、銀行のキャッシュカードを奪い、現金約290万円を引き出した疑い。
 同容疑者以外の4人は既に逮捕されていたという。 

<京都精華大>業田良家さんが客員教授に(毎日新聞)
<銭湯>三重・答志島で140年 「元湯」が廃業(毎日新聞)
B型肝炎訴訟、7地裁に追加提訴―原告患者409人に(医療介護CBニュース)
<布川事件>検察、改めて有罪立証方針 再審公判の事前協議(毎日新聞)
<横田基地>初の民間機着陸 空中衝突防止会議の開催で(毎日新聞)

池谷氏当選なら3度目結婚も(スポーツ報知)

 今夏の参院選に民主党から比例代表で立候補する体操五輪メダリストの池谷幸雄氏(39)が21日、“3度目の結婚”願望を明かした。

 池谷氏は、1995年に元タレントの樹あさこ(38)と結婚し1女をもうけたが、98年に離婚。2000年に再婚も、4年後に離婚した。タレント活動時は時間が不規則なため「独り身の方が気が楽だった」そうだが、「政治となると奥さんも必要になる。今年で40歳だし、身を固めてもいいのかな」とポツリ。具体的な相手は明かさなかったが、当選→再婚に意欲を燃やした。

 この日は都内で、自身の体操クラブの大会に出席。同日、参院選秋田選挙区で出馬の元プロ野球選手石井浩郎氏(45)が街頭演説デビューしたが、「ほかの候補者は気になるけど、僕しかできないやり方がある。選挙カーから宙返りで降りるとか。4月初めには演説も始めたい」と意気込んだ。


 【関連記事】
民主党 比例代表 池谷幸雄 を調べる

離任式 岸壁から「先生、ありがとう」 岩手・大船渡(毎日新聞)
「今が最初で最後のチャンス」自民会派離団の大阪府議が会見(産経新聞)
全身の動きと触覚を同時計測=世界初、衣類型の装置開発-東大(時事通信)
火災 興人工場の倉庫から黒煙と炎 熊本県八代市(毎日新聞)
郵政改革の骨格発表へ=郵貯限度額を引き上げ-政府(時事通信)

【Web】18歳未満にみえるキャラ=「非実在青少年」?(産経新聞)

 ■都条例改正案めぐり大論争 SNSで拡大、都議会にも影響

 18歳未満にみえるキャラクターを「非実在青少年」と定義し、その性描写がある漫画などの販売や貸し出しを規制する東京都の青少年健全育成条例改正案が、ネット上で論争を巻き起こしている。漫画家や有識者らがブログなどで「表現の萎縮(いしゅく)を招く」と反対意見を表明し、都議会を揺るがす事態に発展。都は「青少年の感性がゆがむような表現が規制対象」と説明している。

 物語の状況設定などから18歳未満と受け止められるキャラクター(非実在青少年)の性描写がある漫画やアニメ、ゲームなどは、現行条例でも「著しく(青少年の)性的感情を刺激」するものなどを「不健全図書」に指定する規制がなされている。

 今回の改正案では、非実在青少年が「みだりに性的対象として描写」され、「(青少年の)性に関する健全な判断能力の形成を阻害」するおそれがあるものについて、青少年への販売・貸し出しを自主規制としている。特に、強姦(ごうかん)など反社会的な行為を肯定的に描写するものは、不健全図書に指定する。

 これに対し、ネットで反論の火の手が上がった。藤本由香里・明治大准教授は7日、SNS「ミクシィ」の日記で、「18歳未満」や「不健全」は「いくらでも恣意(しい)的に解釈できる」などと批判。これがネット上で転載されて広まり、9日にIT系ニュースサイトで報道されると、ミクシィでは1万件以上の日記が書かれるなど大きな反響を呼んだ。

 その後も、有名漫画家、有識者のブログで反対表明が相次ぎ、15日には都庁で記者会見を開いたうえ、都議会最大会派の民主党などに意見書を提出した。

 児童ポルノをめぐっては、教育関係者などからなる都の諮問機関「青少年問題協議会」が1月、「おぞましい子どもに対する性的虐待をリアルに描いた漫画等の流通を容認することにより、児童を性の対象とする風潮が助長されることは否定できない」と答申。

 都青少年・治安対策本部青少年課は改正案について「非実在青少年の性を描くのは駄目、それを成人が見るのは駄目とは言っていない」と話している。

囲碁 飛田さんが女流アマ選手権初優勝(毎日新聞)
DNAで大麻の「種子」判別へ=幻覚成分なくても鑑定可能-石川県警(時事通信)
近くの人がAED、効果明確=社会復帰率は2倍-不整脈患者で調査・京都大チーム(時事通信)
首相動静(3月21日)(時事通信)
民主・渡部氏「国民が辞めてほしい人は辞めよ」「世論大事にしないと民主党亡ぶ」(産経新聞)

カルト対策で連携強化=78大学が情報交換-入学シーズンは要注意(時事通信)

 サークルなどを装い、若者を巧みに取り込むカルト集団の被害から学生を守ろうと、各地の大学が連携を深めている。インターネット上で情報交換するネットワークへの参加大学は、発足した昨年3月の34校から1年間で78校に拡大。勧誘手口や学生の入信状況などの情報を共有し、被害の予防に取り組んでいる。
 「全国カルト対策大学ネットワーク」は、宗教学者やオウム真理教の実態に詳しい弁護士、マインドコントロールの専門家らの呼び掛けで発足した。恵泉女学園大の川島堅二教授(宗教学)によると、きっかけは4年前に若い女性の性的被害が発覚した韓国のカルト集団「摂理」の問題で、大学の学生課職員や心理カウンセラーらがメーリングリストに登録している。
 これまでに、サークル勧誘時には「腕章を着用させる」「特別相談所を設置する」などの対策例が寄せられた。宗教サークルを禁止する大学がある一方で、「信教の自由があり、対応に苦慮する」との悩みもあった。
 大学生を狙うカルトは複数あるとされ、サークル名や活動場所、参加者の所属大学などの情報を共有。信者が学生の相談担当の職員になっていたケースなども報告された。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔用語解説〕「地下鉄サリン事件」
被害者支援団体、国の協力訴え=担当相「意見取り込みたい」
地下鉄サリン事件から15年=霞ケ関駅で鳩山首相ら献花
「市民に紛れて生活も」=オウム手配容疑者で情報を

鳩山政権半年、支持率低迷で閣僚に悔しさにじむ(読売新聞)
首相「残念だ。党内の規律が守れない」 生方氏解任で(産経新聞)
<黒澤明財団>伊万里市が支援確約書 設立時、佐賀県に提出(毎日新聞)
主に陸で活動した両生類=3億年前の化石発見-米国(時事通信)
首都高、阪神高に距離別料金制=値上げの可能性も-前原国交相検討(時事通信)

覚醒剤注射・放置の強盗致死被告2人に懲役23年(産経新聞)

 昨年6月、アルバイト、中村隆志さん=当時(25)=を拉致して覚醒(かくせい)剤を打ち山中に放置して死亡させたとして、強盗致死や営利目的誘拐などの罪に問われた無職、吉松徹被告(22)と増田弘樹被告(22)の裁判員裁判の判決公判が16日、東京地裁で開かれた。藤井敏明裁判長は両被告にそれぞれ懲役23年(いずれも求刑懲役25年)を言い渡した。

 藤井裁判長は注射した行為は、被告が強盗犯人として捕まらないための強盗に伴う行為だったとして、強盗致死罪が成立すると述べた。被告側は起訴内容を大筋認めた上で、強盗致死罪について強盗罪と保護責任者遺棄致死罪を適用するよう主張していた。

 判決によると両被告は無職、橋本遥被告(24)=強盗致死罪などで起訴=らと共謀、昨年6月27日夜、東京都渋谷区の路上でバイト先に向かっていた中村さんを車で拉致。車内で暴行しキャッシュカードなどを奪って28日未明、埼玉県秩父市内の山中に放置して死亡させた。

【関連記事】
時効直前逮捕の強盗致死事件で遺族が検審申し立て 水戸地検
強盗致死の被告が控訴「予想より刑重い」
時効直前の強盗事件で男ら3人逮捕 茨城
男7人を強盗致死容疑で再逮捕 東京・板橋の男性拉致
「遺体を薬品で溶かした」捜索で歯など発見 会社社長強盗致死
20年後、日本はありますか?

<火災>野焼きが広がり、1号線通行止め--京都・伏見(毎日新聞)
<公明党>今夏参院選、他党の推薦せず…自民との協力見直し(毎日新聞)
「円天」詐欺事件、L&G元会長に懲役18年 東京地裁判決(産経新聞)
外交文書公開、抜本的に見直し…外相が方針(読売新聞)
<手掌多汗症>手術後異常発汗 さらに2人提訴(毎日新聞)

<ラン>大量廃棄に疑問…温度差利用し再び開花 山梨の業者(毎日新聞)

 祝い事に欠かせない華やかなコチョウランの鉢植え。しかし、花が枯れると置き場に困ってしまう。それを引き取り、再び咲かせて返す全国初の「リサイクル」を、4月から山梨県中央市の「松村洋蘭」が始める。社長の松村秀彦さん(44)は「大量廃棄が前提の大量栽培に疑問を持っていた。ランの魅力に少しでも長く触れてほしい」と話す。

 きっかけは05年春、高齢の女性からの電話だった。「孫が誕生日に買ってくれたお宅のランが終わってしまった。もう一度咲かせられませんかね」

 コチョウランの花が持つのは2カ月ほど。専門家でないと維持管理が難しく、やがて葉も枯れてしまう。初の試みだったが、松村さんは鉢を引き取った。

 コチョウランは温度差をつけると早く成長する。5カ月間、昼は気温25度の温室、夜は20度以下に保った部屋に入れ、鉢の中身をミズゴケから木のチップに替えて根が水を吸いやすくした。10カ月後に花が咲き、女性は「誕生日にまた孫を呼べます」と涙を流した。

 松村さんは「これがおれたちの仕事だと思いましたね」と振り返る。花の再生技術の改善などに4年をかけ、事業化のめどをつけた。対象とするのはICタグを付けた同社出荷のラン。タグには再生に必要な品種・出荷日・出荷先が記録され、この情報をもとに客から送られたランを10カ月ほどかけて再び開花させる。

 「Re(り)蘭(らん)システム」と名付け、とりあえず1万5000~3万円の高級品に導入する。花の再生料金はその半額。松村洋蘭のホームページ(http://m‐youran.com/pg77.html)。【春増翔太】

【関連ニュース】
技術革新フェア:ロボット技術、集客や販促に 来月3、4日に大阪産業創造館で商談会

<インフルワクチン>来季は季節性と新型の3種混合に(毎日新聞)
佐賀の人違い射殺、元暴力団員の無期確定へ(産経新聞)
鳩山首相「物質の本質はゆらぎ」 ゆらぐ政治姿勢を正当化?(産経新聞)
スカイマーク 機長の安全判断、社長ら拒否(産経新聞)
キャリアアップシステムの導入で報告会―全老健(医療介護CBニュース)

自民党苦悩 反執行部キーマン3人の行動パターンは…(産経新聞)

 「覚悟は完全にできている。私自身が表に出なくてもいい。自分は裏方、捨て石でいい。接着剤、坂本龍馬をやりたい」

 執行部批判が相次ぐ自民党内で、今度は元総務相、鳩山邦夫(61)が14日、フジテレビ「新報道2001」で、新党旗揚げへの強い意欲を表明した。

 「自然との共生」を旗印とする「環境新党」の結成を夢見てきた鳩山ではあるが、番組では「環境新党は、はるか先の話になっちゃった」と、今回の新党はきわめて現実的なものであることを強調した。しかも、連携の相手として元財務相、与謝野馨(71)と前厚生労働相、舛添要一(61)の名を挙げ「本気度」もみせた。

■新党辞さず

 鳩山と与謝野は急接近している。

 鳩山は、与謝野が衆院予算委員会で首相の兄、鳩山由紀夫に「平成の脱税王」などと攻撃した2月12日の前後数回、与謝野事務所を訪ねていた。そのころから鳩山は、民主でも自民でもない「第3の党」を模索し、複数の自民党議員らとの接触を試みてきた。与謝野もその一人だった。

 「野党議員たる姿」を見せるため、由紀夫の政治とカネの問題をめぐる核心の情報の提供を求める与謝野に、鳩山は自らも傷つきかねない問題にもかかわらず協力した。与謝野と向き合ってつついた同事務所近くのトンカツ屋の弁当が好物になるという「おまけ」もついた。

 与謝野も、2月19日昼、側近の幹事長代理、園田博之(68)とともに、鳩山を紀尾井町の中国料理店に招待し、「失望した」と2日前の党首討論での総裁、谷垣禎一への感想を述べると、3人は一気に新党話で盛り上がり、今後も定期的に意見交換することで一致した。与謝野は周辺に「鳩山はわれわれの仲間だ」と語っている。

 「新党」について本格的に言及したのは与謝野が先だった。

 「執行部を交代させて新生自民党を立ち上げるのか、新党という旗を掲げて新しいパラダイムを求めていくか、時間は差し迫っており、私が決断を下す時期はそう遠くはないだろう」

 10日発売の「文芸春秋」4月号の論文で与謝野はこう記し、自らを鳩山と同様に「捨て石」と表現した。

 論文の発表に、自民党内では「与謝野氏は頭がよいから、すぐ『選挙が戦えない』と思い詰める。展望がある感じはない」(閣僚経験者)と冷ややかだ。

 与謝野は文芸春秋の発売後、表での発言を控えるようになった。「執行部がどう動くかを見極めたいからだ」(周辺)という。その間も与謝野と鳩山は11日、極秘に会談した。

■静観貫く

 「今は予算委で忙しいから…。これが終わってからじゃないと動けない」

 舛添は現在、参院予算委員会の自民党筆頭理事の仕事に「全力投球」したいと強調している。

 「『自民党』という名前は古い」「党内の賢明な政治家が、谷垣氏に辞任を促す方向になるだろう」などと、執行部批判や新党を積極的に発信してきたのは、与謝野よりも舛添だった。

 昨年末、落選議員らを対象にした「舛添政治カレッジ」を立ち上げた。2月17日には元総務相、菅義偉らと「経済戦略研究会」を発足させ、会長についた。党内での基盤づくりとの見方がもっぱらだ。

 13日には、テレビ番組で「社長を代えないで専務、部長を代える人事はあり得ない。責任を取るというのはそういうことだ」と谷垣執行部の一新を求めた。

 しかし、「私とどっちが先に新党を作って飛び出すかというと、与謝野氏が先の勢いだ。私は新党から党内改革まであらゆる可能性がある」とも述べ、行動は慎重にする考えをみせた。

 各世論調査で「次期首相候補」の最有力にあがる舛添の行動が慎重な理由について、ある党中堅はこう説明する。

 「舛添は小泉純一郎のようにはいかない。小泉が首相になれたのは、当時は党内で一番人気だった田中真紀子が『小泉を担ぐ』と言ったからだ。党内で汗をかいたことがない舛添を担ぐという声は、今も聞こえてこない」と説明する。

 鳩山は14日の番組で、新党の顔として最適だと、舛添に秋波を送った。一方で「舛添さんを引き入れたい思いが強くある」と、連携はかならずしも順調でないことをにおわせた。

 参院予算委で審議中の平成22年度予算案は今月下旬には成立する。舛添はその後、何に「全力投球」していくのか。(敬称略)

【関連記事】
公明「自民推薦せず」参院選、実質協力は容認
新報道2001 鳩山邦氏、新党「覚悟は完全」
鳩山邦夫氏、新党結成へ意欲「覚悟はできている」
舛添氏「新党は与謝野氏が先」 党執行部刷新を強調
揺らぐ自民 川崎氏への非難囂々 「刎頸の友」を切れるか?
20年後、日本はありますか?

医師と患者手助け 人体そっくり模型 シリコーン研究 強度の欠点克服(産経新聞)
1歳女児虐待死?たばこの火の跡・低体重(読売新聞)
<シー・シェパード>メンバーの男を艦船侵入容疑で逮捕(毎日新聞)
<ラン>大量廃棄に疑問…温度差利用し再び開花 山梨の業者(毎日新聞)
バイリンガルの子 高い会話理解力 京大准教授ら発表(産経新聞)

証人尋問3時間朗読、裁判員「長かった」(読売新聞)

 香港から覚せい剤約2キロを密輸したとして覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)などに問われた暴力団幹部で無職新井良幸被告(43)の裁判員裁判の判決が4日、東京地裁であった。

 秋葉康弘裁判長は「社会に深刻な害悪を及ぼす薬物の密輸入には厳しい処罰が必要だ」と述べ、懲役12年、罰金600万円(求刑・懲役16年、罰金800万円)を言い渡した。

 判決後、裁判員などを務めた6人が記者会見した。公判では共犯者2人が証言を拒否したため、検察官4人が裁判官や共犯者らの役になり、初公判前に行われた2人の尋問の速記録を約3時間にわたり朗読した。

 これについて、60代の男性は「裁判員にできるだけリアルに伝えようとする努力を感じた」と評価したが、50代の女性ら4人は「長かった」「もう少し簡潔でもよかった」などと述べた。

 また、暴力団関係者を裁判員裁判で審理することについて、30代の女性は「家族が心配した。精神的負担も大きく、個人的には賛成できない」と述べた。

民主都議スタッフ、身分偽り五輪招致映像費を調査(産経新聞)
クラビットの有効成分を3倍にした点眼剤を承認申請―参天(医療介護CBニュース)
国交省、緑ナンバーのエコカー補助金申請受付を19日から再開(レスポンス)
「事務方のミスで…」遅刻の原口総務相、ツイッターで陳謝(産経新聞)
顔や両足に打撲の跡=死亡の4歳男児-埼玉県警(時事通信)

首相、企業・団体献金禁止法案の今国会成立に期待感 国民新は反発(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は4日の参院予算委員会で、企業・団体献金禁止の実現に向け、政治資金規正法改正案の今国会成立に期待感を示した。民主、社民、国民新の与党3党は幹事長会談を開き、企業・団体献金禁止に関する与野党協議機関の設置を野党側に呼びかけることで一致した。だが、国民新党は協議機関呼びかけには同意したものの、企業・団体献金禁止には明確に反対しており、政府・与党内の亀裂が広がる可能性がある。

 首相は同日の参院予算委で、企業・団体献金の禁止について「政治不信を払拭(ふっしょく)させる大変重要な手だてとなる。この通常国会で結論を見いだしてほしい」と強調した。

 だが、与党の足並みは乱れている。

 企業・団体献金は政治活動に必要だとしている国民新党は「何で民主党の『政治とカネ』の問題の尻ぬぐいに、うちの党が付き合わなければいけないんだ」(国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相)と反発している。このため、自見庄三郎幹事長は与党幹事長会談で、協議機関設置は認めたが、「うちには考えがあるので、中身(の合意)は困る」とくぎをさした。

 小沢氏は会談後に行われた共同記者会見で、「『一方的に結論を』というやり方でなく、その場でみんなでやりましょう」と述べざるを得なかった。

 与党が一致していなければ、企業・団体献金禁止に反発する自民党に賛成するよう迫っても、迫力を欠くのは否めない。

 民主党は4日、与党幹事長会談に先立って、「政治資金対策チーム」の会合を開き、企業・団体献金を禁止する具体策の検討に入った。企業・団体献金の禁止に加え、企業などによる政治資金パーティー券の購入も禁じることが柱となる。

 ただ、政治活動に支障が生じかねないため、政党助成金を倍増する案や、公設秘書の雇用数の増加などを同時に実施する案も取りざたされている。景気の悪化から、「政党助成金の増額は国民の理解が得られない」との意見も強い。

 これに関連し、首相は参院予算委で、政治資金規正法の見直しで、秘書や会計責任者に対する政治家の監督責任強化にも意欲を示した。

【関連記事】
企業団体献金禁止で首相、今国会での法改正に意欲 五輪選手支援「積極的に検討」
亀井氏、企業・団体献金禁止に猛反発
鳩山・小沢会談 疑惑隠しに献金カード
小沢一郎(67)民主党幹事長 「企業・団体献金禁止」疑惑棚上げ呼び掛け
政府・民主、企業・団体献金禁止で与野党協議呼びかけへ
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

首相動静(3月4日)(時事通信)
野口聡一さんがおもしろ実験 「宇宙でも物理法則にのっとった」(産経新聞)
協議機関は目くらまし=「濁ったH2O」と民主批判-自民総裁(時事通信)
<北教組事件>書記長ら2人で資金捻出 組織的に引継ぎか(毎日新聞)
徳島商サッカー部員、スポーツ用品店で万引き(読売新聞)

京大病院看護師を逮捕=データ虚偽入力容疑-容体急変患者からインスリン・府警(時事通信)

 京都大医学部付属病院で昨年11月、心疾患で入院していた女性患者(94)が一時意識不明となり、治療には必要ない高濃度のインスリンが血液から検出された事件で、京都府警捜査1課と川端署は2日、女性患者の看護記録に虚偽の血糖値を入力したなどとして、公電磁的記録不正作出・同供用容疑で、京都市左京区吉田下阿達町、看護師木原美穂容疑者(24)を逮捕した。
 同課などによると、木原容疑者は容疑を認めているという。同容疑者は女性の担当看護師で、点滴の交換などをしていた。同課などは女性の点滴にインスリンが故意に混入されたとみており、経緯を知っているとみて事情を聴く。
 逮捕容疑は昨年11月14~16日、数回にわたり、循環器内科に入院していた女性患者の看護記録に虚偽の血糖値を入力して不正な電子データを作り、病院事務で同データを使える状態にした疑い。 

【関連ニュース】
自称霊能力者ら再逮捕=女性に薬物、殺人容疑など
自称霊能力者ら再逮捕へ=介護女性に薬物、殺人容疑
容体急変患者からインスリン=故意に投与の可能性も
肥満対策に健康な日本食を=大使館が料理指導

天皇陛下がチリ大統領に電報(時事通信)
「普天間先延ばしなら、6月に議員辞職」下地氏(読売新聞)
太陽電池用素材で5億円脱税=会長ら3人逮捕-甲府地検(時事通信)
<普天間移設>政府、キャンプ・シュワブ陸上案で調整(毎日新聞)
米国務副長官、4日に来日(時事通信)

<年賀はがきコンクール>受賞者決まる 応募2万3493点(毎日新聞)

 第26回全国年賀はがきコンクール(毎日新聞社、日本書写能力検定委員会主催、総務省、文部科学省、郵便事業株式会社、毎日書道会後援)の受賞者が決まった。幼児から一般まで2万3493点の応募があった。上位入賞者は次の通り。(敬称略)

 《総務大臣賞》小西優多郎(神戸市立本山南小2)▽谷内杏樹(東京都練馬区立光が丘第六小4)▽長澤朋佳(埼玉県入間市立金子小6)▽樋口友紀(大分県日出町立日出中2)▽坂本理恵(千葉県立佐原高3)▽中里彩香(東京都・立教大1)《特別名誉大賞》西城研(東京都北区)《手紙文化振興賞》河野菜央(千葉県船橋市・たきのい幼稚園)▽赤穂朋花(神戸市・ホザナ幼稚園)▽山下夏歩(東京都羽村市立羽村西小1)▽奥田みらの(神戸市立本山第一小3)▽竹村紗季(大阪市立桜宮小5)▽松島実紀(群馬県館林市立第二中1)▽今泉直美(群馬県明和町立明和中3)▽市川佳奈(栃木県立宇都宮女子高1)▽鈴木菜月(静岡県・浜松学芸高2)▽小柴麻衣子(東京都青梅市)

抗真菌剤でライセンス契約―アステラス製薬(医療介護CBニュース)
<5歳児餓死>「夫婦不仲、子に矛先」逮捕の母供述(毎日新聞)
【ときどき カム・アラウンド】運動部長・正木利和 国境なき五輪が残したもの(産経新聞)
鳥取不審死、元ホステスを強盗殺人容疑で再逮捕(読売新聞)
<三好達治賞>長田弘さんの「世界はうつくしいと」が受賞(毎日新聞)

韓国大統領、4月来日で調整(時事通信)

 韓国の李明博大統領が4月9、10の両日、来日する方向で日韓両政府が調整していることが3日、分かった。複数の政府関係者が明らかにした。
 日韓両首脳が相互訪問する「シャトル外交」の一環。今年が韓国併合100年を迎えることを踏まえ、首脳会談では両国の関係強化について話し合う見通し。永住外国人に地方参政権を付与する法案の扱いもテーマになるとみられる。 

【関連ニュース】
「克日」で迎える併合100年=批判なく、躍進で自信深める
未来志向の日韓関係を=併合100年で表明
対北朝鮮、連携強化=外相、韓国大統領と会談
岡田外相がソウル入り
10日の訪韓を発表=岡田外相

<津波>養殖棚が流出「被害は億単位」、肩落とす漁協も(毎日新聞)
「都市型軽費老人ホーム」の整備補助で説明会―東京都(医療介護CBニュース)
「絶対、海に近づかないで」鳩山首相も呼びかけ 大津波警報で(産経新聞)
前J大分の長官「観光大国へ“スポーツーリズム”を」(産経新聞)
年金一元化、8日に議論開始=首相と関係閣僚ら(時事通信)

「500系」ラストラン、「こだま」で余生(読売新聞)

 戦闘機を思わせる流線形の外観で人気を集めた新幹線の「500系」車両が28日、東京―新大阪の東海道区間から引退する“ラストラン”を迎え、JR東京駅には、出発を見送ろうという鉄道ファン約1500人が集まった。

 最高速度300キロを誇るJR東海道・山陽新幹線の500系は1997年3月、新大阪―博多の山陽区間に導入され、同6月には小倉―広島駅間の平均時速261キロがギネスブックにも登録された。東海道区間では同11月から営業運転を始めたが、「N700系」への入れ替えが進み、昨年11月からは、東京―新大阪間を1日1往復するだけになっていた。今後は、各駅停車の「こだま」として山陽区間で運用される。

 この日、東京駅では午後0時30分に博多行き「のぞみ29号」として出発すると、大勢の鉄道ファンが「ありがとう」と声をかけながら見守り、東京都三鷹市の大学生柴田真至さん(19)は「昭和を代表する車両が0系なら、平成の代表は500系。東京で見られなくなるのはさみしい」と惜しんだ。

意識不明の3歳女児死亡、同居の無職男が虐待?(読売新聞)
鳥取はチベット発言「断じて容認しがたい」 自民・石破氏(産経新聞)
「パチンコのバイト」と登録料詐取=122人、3600万被害か-警視庁(時事通信)
<気象庁長期予報>春の訪れ早い見込み(毎日新聞)
エルニーニョを1年前から予測=インド洋水温を利用-海洋機構など(時事通信)

消えゆく言語守ろう 外国人ら池袋で祝典(産経新聞)

 消失していくさまざまな民族の言語文化を守るため国連教育科学文化機関(ユネスコ)が制定した「国際母語デー」の21日、豊島区の池袋西口公園に、日本で暮らす外国人や少数民族の人たちが集まり、祝典を開いた。

 在日バングラデシュ人の団体が主催し、ミャンマー、フィリピン、インド、中国などから来た人々やアイヌ文化を受け継ぐ5人が参加した。

 祝いの歌を民族音楽に乗せて披露した後、参加者たちがステージ上に置かれた「言葉の樹」に、さまざまな言語で好きな言葉を書いた紙の葉を飾った。

 世界に残る約6千の言語のうち、半数近くが今世紀中に消失の危機にあるといわれており、1952年に旧パキスタンでベンガル語の公用語化運動のデモ中に犠牲者が出たこの日が言語尊重運動の記念日とされた。

 ジャパンバングラデシュソサエティのシェイク・アリムザマンさん(51)は「日本でもアイヌなどいくつかの言語が消失の危機にあると聞いている。民族の文化と誇りを伝えてきた言葉を子供たちに引き継いでいってほしい」と話した。

<水俣病>関東移住の未認定患者23人が提訴(毎日新聞)
長谷川等伯展 東京国立博物館で開幕 3月22日まで(毎日新聞)
<元事務員横領容疑>06年度以前の書類不明 毀棄の疑いも(毎日新聞)
【お財布術】「ネットスクール」編 一流講師とマイペースで(産経新聞)
<家裁怠慢訴訟>原告の主張認め国に賠償を命令 東京地裁(毎日新聞)
プロフィール

すなだよしみさん

Author:すなだよしみさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。